“支えるケア”からお互いに“良くなるケア”へ

一般社団法人 変わる!介護はある“オモイ”から始まりました.

理学療法士を目指しながら介護現場で働いていた代表の森は,リハビリテーションの知識を介護現場に落とし込むことで,要介護状態になっても,日常の様々な局面で活かすことで,ADL(Activites of Daily Living:日常生活動作)の自立を取り戻すことは不可能ではないと感じました.しかし,当時の現場は適切なリハビリテーションの知識をもつ介護スタッフが少なく,要介護状態が重くなってしまうケースが多々ありました.

リハビリテーションの概念を現場に落とし込むことで介護する側も受ける側もお互いに良くなるケアが実現できるのではないか思いました.

私たち変わる!介護は介護業界の“意識”を

リハビリテーションの力とコミュニティの力で変えます

 

リハビリテーションとは“その人らしさを取り戻す”という意味があります.その本来の意味と,身体機能を適切に評価し科学的根拠に基づいたアプローチを行うことが得意な理学療法士や作業療法士などの知識を元に,根拠に基づいた介護を現場で行えるようにすることがケアリハの軸となっています.

ケアリハ検定を軸とし,施設研修,セミナー,コンサルタントなどを行なっています.誰でもリハビリが出来る社会を目指しています.90分の研修で介護スタッフの介護技術やご利用者様を見る視点,“意識”を変えます.

 

 

介護を行なっている方,興味がある方で,様々なオモイを持っている方がいます.変わる!介護のロゴは十人十色.みんな違ってみんないい.でも同じ方向を向いている者同士話し合い繋がり合えたら介護業界の“意識”は変わると思います.

法人概要

代表者プロフィール

森惣次郎

スタッフプロフィール

小川順也

飯田崇秀